毛玉ができやすいニットの素材

未分類

このニットは毛玉ができにくかったのに、こっちのニットはあまりできない。その違いをご存知ですか?購入した値段?素材?形?今回はできやすいニットとできにくいニットの違いをご紹介します。

 

■毛玉ができにくいのは動物繊維

 

ウール、カシミアなどの動物繊維は強度が低いため、毛玉ができても生地表面に留まることはありません。摩擦が続くことによって、自然と落ちます。価格は高いですが、高級感のある素材で、機能性にも優れます。

 

■合成繊維が最もできやすい

 

合成繊維とは、ポリエステルやアクリルなどと呼ばれるもので、巷ではよく使用される素材です。繊維の強度、耐久性、虫食いに強いです。繊維が強いがため、一度毛玉ができると表面から離れません。「アクリル×綿」「ポリエステル×ウール」などの混紡糸も毛玉が出来やすいです。

 

■ニットの場所によっても違う

 

毛玉は脇、袖、背中などにできやすいです。なぜなら、それらの箇所は摩擦が多くおこる部分だからです。意外とリュックやバッグとニットがこすれると毛玉が発生しやすくなります。また、重ね着によっても毛玉ができやすくなります。

 

■まとめ

 

秋冬は毛玉ができやすい季節。

もしできてしまっても、ブラッシングをしたり、毛玉取り機やはさみで取るようにしましょう。

決して指で引っ張らないように・・・。1個だけ取れても問題解決になりませんよ・・・。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧